Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

News
Dec, 09

Microsoft、PC向けにWindows 10 Insider Preview Build 14986を配信

Microsoftは現地時間12月7日、Windows 10 Insider Preview Build 14986をFast ringに設定しているユーザー向けに配信しました。今回はPCのみの更新となります。

概要

今回は非常に多くの更新内容があります。

音声コマンドでPCをシャットダウンしたり、音量の変更を行えるように

Cortanaに話しかけることでシャットダウンや再起動、ロック、スリープ状態に出来る他、システム音声の上げ下げが行えます。

Cortanaで音楽制御

お気に入りの音楽アプリの音楽再生を制御できます。(EN-USのみ)

ロック画面上でも動作します。iHeartRadioやTuneIn Radioなどで試せるクエリは次の通り。

  • <アプリ名>の<アーティスト/トラック/タイトル/ジャンル>を再生する
    • iHeartRadioでDrakeを再生
    • iHeartRadioでクリスマスミュージックを再生
    • TuneInでNPR Hourly Newsを再生
    • TuneInでジャズを再生
  • <アプリ名>で<周波数/コールレター>を再生する
    • iHeartRadioで90.3を再生
    • TuneInでKUOWを再生

これらのアプリで音楽を聴きながら、音声コマンドで再生コントロールや音量調整も行うことができます。また、ラジオで再生されている曲を知りたいときは、「コルタナさん、いま再生している曲は何?」と訊いてみましょう。それは音楽を再生する全てのアプリで動作します。

また、Cortanaは最後に使った音楽アプリを覚えて賢くなります。例えば、「iHeartRadioでジャズを再生する」といったこと行うだけで、次回からは「ロックを再生して」と言うだけでiHeartRadioで再生されるようになります。

中国語(簡体字)に音楽認識サポートを追加

Cortanaのホームの隅にある音符アイコンをタップするだけで、Cortanaは再生中の曲を聴き、NetEaseを用いてその曲が何かを伝えます。これは英語(英国)で使える機能と同じです。「コルタナさん、この曲は何?(你好小娜,这是什么歌)」と言えば、Cortanaはその曲を聴き始めます。

アイドル時にフルスクリーンにできます

 

PCがロックされていないときに、「コルタナさん」と呼びかけた際の外観が大幅に改善されました。遠視野で見るために最適化された豪華なフルスクリーン体験ができます。

「コルタナさん」を有効にしてPCに触れることなく10秒ほど待ってください。明日雪が降るかどうか訊いてみるのをおすすめします。

Azure Active Directory (AAD)を用いてCortanaにサインイン

組織がMSAをサポートしていなくても、職場または学校のアカウントでCortanaにサインインできます。職場または学校のアカウントでCortanaにサインインするには、Cortanaのノートブック内の「ユーザー情報」にアクセスしてください。AADは現在、Windows 10を実行しているPCでのみ利用可能です。

エンタープライズクラウドプリント

“設定>デバイス>プリンターとスキャナー”にあるエンタープライズクラウドプリントを使用すると、IT管理者がバックエンドサービスを展開して構成したとき、ユーザーはAADで参加したデバイスから会社のプリンターを見つけることができます。

本機能は該当するバックエンドサービスが動作する必要がありますが、まだ利用することができません。既存のUIを使用し、暫定的にプリンターを検出してインストールしてください。

Windows ゲームバーがフルスクリーンサポートを改善

Anniversary Updateで、ゲームバーに6つのフルスクリーンゲームのサポートを追加しました。Creators Updateでは、それを更に増やす予定です。

今回のビルドでは、19個のゲームを追加しました。Win + Gのショートカットキーを押してゲームバーを起動し、録画やスクリーンショットをしてみてください。

  • ARMA 3
  • Battlefield 1
  • Civilization V
  • Dark Souls III
  • Fallout 4
  • Final Fantasy XIV: A Realm Reborn
  • Mad Max
  • Mafia 2
  • NBA 2K16
  • Overwatch
  • Star Wars: The Old Republic
  • StarCraft II: Heart of the Swarm
  • The Binding of Isaac
  • The Witcher 3: Wild Hunt
  • Terraria
  • Tom Clancy’s The Division
  • Total War: WARHAMMER
  • Warframe
  • World of Tanks

この機能はWindowsゲームバーの設定でコントロールできます。設定で「Microsoftが承認したゲームを全画面でプレイする時に、ゲームバーを表示」チェックボックスを探してください。Major Nelson’sの記事では、最高のゲームパフォーマンスに調整するための情報が得られます。

以前の画面スケッチを再開する

画面スケッチがあまりにも簡単に失われてしまうという意見を頂いたので、ビルド14986では以前のスケッチを再開できるようになったことをお知らせします。規定の設定では画面スケッチを開くと常に新しいスクリーンショットを開きますが、レジュームボタンをクリックすると最後に閉じられたときのスケッチに戻ります。

インクフライアウトビジュアルを更新

Windows Inkのペンや鉛筆、蛍光ペンといったフライアウトにおいて、現在選択されているツールの色や幅がどのように表示されるかプレビューが表示されるようになりました。

この改善はWindows 10 Creators Update SDKを使用する全てのアプリで見ることができます。また、ハイコントラスト表示のときに色が重複して表示されないようにフライアウトを更新しました。Escキーでフライアウトを閉じることをサポートし、(手動で閉じるまで表示され続けるよりも)色をタップしたり幅を変更したりするとフライアウトを下げるように戻しました。

定規の回転をより精密に

Windows Inkの定規をタッチで動かすとき、度単位で回転します。

これにより、スクリーン上の2つの点を定規で結ぶことが簡単になりました。

より磨かれた手書き入力体験

描画中にカーソルが表示されなくなりました。これにより、まるで紙の上で使うペンのように感じられることでしょう。

Microsoft Edge用の新しい拡張機能

素晴らしいニュースです!Windows 10ユーザーとシェアできる新しい拡張機能があります。それらを試して、フィードバックHubか@MSEdgeDevにフィードバックをしてください。

UWPアプリのレンダリング方式を更新

UWPアプリで表示の問題が発生した場合は、フィードバックHubでフィードバックを提供してください。

この変更に関する追加のコンテキストは、アプリ開発者がXAML UWPアプリケーションとシェルのレンダリングにアクセスできるWindows.UI.Composition APIを広く使用しています。

ナレーターの改善

  • ナレーターにフォントや色、行間やマージンといった追加情報を提供できる新機能を追加しました。CapsLock + Fを押すことで、この情報を聞くことができます。CapsLock + Fを押し続けると9つのカテゴリー情報がサイクルします。このカテゴリを逆に移動するにはShift + CapsLock + Fを使用します。
  • ナレーターのコンテキスト認識のデフォルト値を2に設定しました。スタートメニューやOfficeリボンなどの多くの領域を動き回り、追加情報を聞くことができます。Alt + CapsLock + / を用いることで別のオプションに切り替えることができます。ゼロはこれらの機能のオフを意味します。
  • 高度な情報を得るためのキーが、CapsLock + FからCapsLock + 0に変更されました。
  • スタートメニューのタイルにフォーカスしているとき、ナレーターが「表示されているアイテムはありません」としか言わない問題を修正しました。

2017年のCreators UpdateとOffice 365のアクセシビリティ向上に関する情報はこちら

Windows Defenderのダッシュボード

Creators Updateで新しいダッシュボードが追加され、PCやタブレットでセキュリティやヘルス情報を簡単に表示し、管理できるようになりました。

Windows Insidersでは今日からこの新しいエクスペリエンスのプレビューを入手できます。このビルドにアップグレードした後、PCを再起動する必要があります。その後、「Windows Defender」と検索し、検索結果に表示された「Windows Defender(信頼されたWindowsストアアプリ)」をクリックすることでダッシュボードを見つけることができます。ダッシュボードはまだ完成していないため、完全に動作しないことを忘れないでください。

レジストリエディタの改善

フィードバックに基づき、使い慣れたエクスプローラのキーボードナビゲーションショートカットを追加しました。

  • Alt + ↑(上の階層に移動)
  • Alt + ←(戻る)
  • Alt + →(進む)

また、表示メニューよりレジストリエディタで使用するフォントをカスタマイズできます。

USB Audio 2.0 クラスドライバ

以前のビルドではUSB Audio 2.0 standardをサポートするMicrosoftのクラスドライバが含まれています。しかし、そのデバイス専用のサードパーティのデバイスドライバがあればWindowsは代わりにそれを利用していました。ビルド14986では、より多くのクラスドライバのマイルを得るために、サードパーティのドライバよりもクラスドライバを優先するように、一時的に変更しています。これはドライバの互換性の問題やバグを流しだすためです。

チャンスが有れば日常的にリスニングシナリオを通して音がどのように聞こえるか見てください。(クエストが追加されます)全てが上手くいくのなら素晴らしいです!もし、クラスドライバがあなたのデバイスで動作しない場合は、問題を報告し、手動でサードパーティのドライバに切り替えてください。

認識している幾つかのこと:

  • クラスドライバはASIOをサポートしていません
  • クラスドライバは、特定のアプリケーションではWASAPI排他モードで動作しません

WindowsのUSB Audioに関する最新情報はhttps://aka.ms/usbaudioをご覧ください。

アップデートエクスペリエンスを改善

ユーザーはアップデートを受け取ったために、必要なときにデバイスを使用することができなくなっていました。皆さんは保留中の更新をいつ適用するか指定することに多くの時間を費やしています。

もし、Windows Updateでマシンを再起動するための時間を見つけることができない場合、あなたは「今すぐ再起動する」他に、都合に合わせて「スケジュールする」か単に「あとで通知する」ようにすることができます。アップデートは適用されず、再度これらのオプションを提示します。

アジアでのWindows 10の改善

中国語(簡体字)に音楽認識サポートを追加したほか、フィードバックに基づきアジアでのWindows 10体験を向上する幾つかのことを行っています。

中国語IMEの改善

  • 中国語入力の効率向上のため、IMEの候補ウィンドウが更新され、探している候補を簡単に見つけられるようになりました。
  • Microsoft PinyinまたはWubi IME利用中に右クリックをすると、タスクバーのIMEモードインジケータにコンテキストメニューが表示されるように。
  • Microsoft Pinyin IMEで自己学習フレーズのインポートとエクスポートが可能に。
  • Wubi IMEがユーザー定型文をサポート。
  • 中国語(簡体字)手書き入力が日本語手書き入力と同じようにラインモードをサポートし、文の編集や取り消し、グループ化といった編集ジェスチャを追加しました。

日本語IMEの改善

  • 予測変換候補を削除することが可能になりました。候補にカーソルを合わせると×ボタンが表示されます。削除された候補は次回から提案されないようになります。
  • 変換ロジックを強化し、日本語の変換精度を向上しました。Anniversary Updateでは、「にんげんをやとう」と入力して変換すると正しい変換(人間を雇う)を返しますが、「にんげんを」「やとう」と別々に変換すると望ましくない変換を返す可能性がありました。ビルド14986では、どちらの場合でも同じ結果を返すようになります。ユーザーが登録した短縮語が含まれている場合の学習動作も改善し、新しいキーボードショートカットである(Ctrl+)を用いて悪い変換結果にフラグを付けることができます。
  • 特定の環境でキー入力が張り付く問題や、自己学習機能が動作しない問題を修正して、日本語IMEの信頼性と応答性を改善しました。また、runasコマンドを用いて起動(別のユーザーとして実行)したアプリケーションでIMEが使用できない問題も修正されています。

PC向けの修正内容

  • Windows Hello(顔認証)を改善しました。設定から認識の向上を行う必要があります。
  • タスクバーのコンテキストメニューにある「設定」を「タスクバー設定」と呼ぶように更新しました。
  • 一部のデバイスで、仮想タッチパッドのボタンが動作しない問題や、非タッチの環境で仮想タッチパッドが起動しないを修正しました。システムアイコンのオン/オフの切り替えにタッチパッドアイコンを追加しました。
  • ストアやフォト、Peopleなどのアプリは一定期間非アクティブになったあと、単独で起動することがある問題を修正しました。
  • “設定>システム>バッテリー”を開くと設定アプリがクラッシュする問題を修正しました。
  • 手書きパネルがテキストフィールドの横にフロートするようになりました。これまで通り画面下部にドッキングさせたいときは、右上隅のアイコンをタップします。
  • OutlookやWord 2016といったOfficeアプリケーションにおいて、タイ語キーボードで言語切替のために「~」を使用するとハングアップする問題を修正しました。
  • ビルド14986から、デフォルトユーザーのnumlockの設定が保持されるよう移行ロジックを更新しました。
  • エクスプローラーからExcelファイルをダブルクリックして開くとMicrosoft Excelがクラッシュする問題を修正しました。
  • Windows Helloが「ユーザーを探しています…」で立ち往生することがある問題を修正しました。
  • Surface Dialを回すと、予期せず警告音が鳴ることがある問題を修正しました。
  • ストレージ設定で保存場所を変更する設定が独立したページに移動しました。また、ストレージ使用量の「その他」が予期せず高い値を表示する問題を修正しました。ストレージ設定で幾つかのことを動かしているため、今後のアップデートのために調整しておいてください。
  • エクスプローラーのファイルメニューにある、「Windows PowerShellを開く」が予期せずグレー表示になる問題を修正しました。
  • 表示言語が中国語(簡体字)の環境で、システムが音声ソートを用いていた場合、タスクバーの時計とカレンダーのフライアウトが起動しない問題を修正しました。
  • フルスクリーンでの設定の検索結果でより小さなアイコンを使用するように更新しました。
  • 幾つかの通知の描画位置が高すぎたり低すぎたりすることがある問題を修正しました。
  • 通知バナー全体が、特定のアプリのためにオフになっていた場合、着信通知トーストが引き続き表示されることがある問題を修正しました。
  • デスクトップのお気に入りバーが空に見えることがある問題を修正しました。
  • Microsoft Edgeにおいて、多くのgifやループする動画を含む特定のウェブページでアイドル状態になったときにCPU速度を抑える問題を修正しました。
  • Microsoft EdgeでAlt + Dショートカットを用いたとき、アドレスバーにフォーカスされないことがある問題を修正しました。
  • ビルド14926~14959へアップグレードしたPCの場合、デフォルトの電源設定が消失し、後のアップグレードで復旧できない可能性があります。デバイスは多くの電源を使用したり、タブレットの電源ボタンの動作を変更したりします。ビルド14986からはこの問題に対してアップグレード中に電源設定を施そうとします。このプロセスはInsider向けの一時的なもので、Creators Updateリリース間際には削除されます。
  • フィードバックに基づき、Windowsエラー報告のロジックを更新しました。クラッシュデータをアップロードしても、ゲームプレイや動画のストリーミング、Skypeなどの他の動作を妨げるような事はなくなりました。
  • マイクロソフト数独やジグソーパズル、マインスイーパー、Taptiles、トレジャーハントのようなマイクロソフトスタジオのゲームが、起動時にスプラッシュスクリーンでフリーズすることがある問題を修正しました。
  • タスクバーの位置が一番上にセットされていた場合、アップグレード後にようこそ画面に表示される問題を修正しました。

PC向けの既知の問題

  • キーボードのホットキーを用いて画面の明るさを変更することができません。明るさを変更するにはアクションセンターから操作するか、”設定>システム>ディスプレイ”へ移動してください。
  • OneDriveフォルダを開いたときに「致命的なエラー」ダイアログがポップアップされることがあります。これを回避するには、コマンドプロンプトかPowerShellで 「attrib -O <エラーとなったOneDriveのパス>」と入力してください。
  • 一部のWindows InsiderでDirectAccessが動作していない問題を調査中です。
  • Microsoft Edgeでナレーターを使用しているとき、タブブラウズや他のナビゲーションを行っていると、「表示されているアイテムはありません」と聞こえたり、消音になることがあります。Alt + Tabを用いてEdgeからフォーカスを外したり戻したりするとナレーターが期待どおりに読み上げます。
  • アプリをインストールした直後は、「コルタナさん、<アプリ名>で<○○>を再生して」は動作しません。インデクサが入るまで5分待ってください。
  • 現在、Windows Defenderダッシュボードは、アンチウィルスとファイアウォールの最小限の読み取り専用ステータスを提供することを目指しています。以下にいくらかの既知の問題点を示します。(包括的なリストではありません)
    • ピラーの状態を正確にロールアップしません
    • 3PAVがマシンにあるとき、ステータスを正確に表示しません
    • 履歴はまだ利用できません
    • カスタムスキャンはまだ利用できません
    • 設定を変更することはできません
    • 新しいアプリからファイアウォールのコントロールパネルを起動することができません
    • ファイアウォールの設定は行なえません

ひとこと

Windows 10の主要機能であるCortanaや、Windows Inkがより強化されました。これまで大きな変化のなかったWindows Defenderにも変化があり、Creators Updateに向けてまた一歩進んだようにも感じます。久々に日本語に関する改善などが入ったことも注目すべき部分ですね。この頃はPCとモバイルが交互に更新されているので、次はモバイル側に期待できそうです。


No comments