Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

News
Jan, 20

PCおよびモバイル向けにWindows 10 Insider Preview Build 15014を配信

Microsoftは現地時間1月19日、Windows 10 Insider Preview Build 15014をFast ringに設定しているユーザー向けに配信しました。
詳細なビルド番号は10.0.15014.1000。本記事ではMADOSMA Q501にて確認を行っています。

概要

Windows 10 Creators Updateで電子書籍を購入して読む(PC/Mobile)

米国のWindowsストアから電子書籍を購入し、Microsoft Edgeで読むことができます。購入した電子書籍はEdge内の新しいBooksライブラリ内で見つけることができます。

  • シークバーナビゲーションや検索機能
  • 字間調整
  • フォントやテーマ、コントロールのカスタマイズ
  • EPUBのサポート

Cortana検索ボックスの色合いを薄く(PC)

タスクバーのCortana検索ボックスの見た目が変わりました。

Cortanaの通知テキストがより大きく(PC)

現在よりも大きくなり、アクセントカラーを使用しています。

カスタムアクセントカラーを選択(PC)

カラーピッカーを使用したり、RGBやHSV、HEXカラーコードを入力して色を設定できます。

自動的にスペースを開ける(PC)

不要なファイルを自動的に削除するための新しいオプションをストレージ設定に追加しました。現在はゴミ箱の30日保管されていたテンポラリファイルやアイテムをサポートしています。このオプションはデフォルトでオフとなっており、ストレージ設定でオンにしてクリーンアップ対象を選択できます。

「Wi-Fiサービス」の下にWi-Fi設定を統合(PC/Mobile)

幾つかの高度なWi-Fi設定を統合しました。Wi-Fiセンスと有料Wi-Fiサービスは、Wi-Fiサービスという単一のセクションの下にマージされています。”設定>ネットワークとワイヤレス>Wi-Fi”

Wi-Fiセンスが表示されていない事がありますが、機能はまだそこにあります。Wi-Fiサービスの下にある設定のひとつは、「推奨されたオープンホットスポットに接続する」です

新しいパワースライダー(PC)

前回に引き続きバッテリー寿命を改善する実験を行っています。Windows 10 Creators Update実行中、このビルドの電源フライアウトにある新しいスライダーが表示されるようになります。(選択されたデバイスでのみ有効)

  • UIの表示されるユーザーと表示されないユーザーがいます。これは意図的です。インサイダーは新しいUIとスライダーのないUIの療法でフィードバックを提供する必要があるからです。Windows 10 Creators Updateを受け取った多くのPCはスライダーを持たないからです。
  • バッテリー電源の場合、スライダーを左に動かすとバッテリーセーバーがオンになります。スライダーが表示されていない場合はオンにできるトグルが表示されます。
  • 推奨やベストパフォーマンスまで、どのスライダー位置でも今日のInsiderビルドでは、パフォーマンスやバッテリー寿命に影響を与えません。
  • 将来のビルドでは、スライダーを見ることができる唯一の人が、スライダーが実際に様々なレベルのパフォーマンスと省電力を提供します。

PC向けの修正内容

  • Windows 10 Creators Updateから、メールアプリがタスクバーに固定されます。この変更後にメールアプリの固定を解除すれば、戻りません。
  • 変更されたバイナリのみをビルドするように変更したため、ブランチ間でバイナリを共有できるようになり、システムのエンジニアリング効率が向上しました。
  • キーボードのアクセシビリティを向上させるため、Snipping Toolを更新しました。
  • 更新画面で予期せず進行ホイールの代わりにボックスが表示されることがある問題を修正しました。
  • %文字を含むデスクトップのショートカットがexplorer.exeをクラッシュループさせる問題を修正しました。
  • セカンダリモニタに投影するとexplorer.exeがクラッシュループすることがある問題を修正しました。
  • コマンドプロンプトでCtrl + Cが使えない問題を修正しました。
  • 背景設定とプリンタとスキャナの設定ページを調整しました。
  • ラップトップを閉じるとバグチェックが発生する事がある問題を修正しました。
  • Microsoftアカウント作成ページをスキップすると、「このPCを所有しているユーザーは?」と予期せぬループバックが発生するOut-Of-Box-Experience (OOBE)の問題を修正しました。
  • カタロニア語のスタートメニューの翻訳が修正されました。新しくインストールされたアプリケーションの横に「nou」と表示されます。
  • SurfaceDialのアプリリストが予期せず空になる問題を修正しました。
  • Miracastが動作していなかった問題を修正しました。
  • 最初の通知を取り下げて直ちにアクションセンターを開いた後2回目の通知が来た場合、通知トーストはその中ではなくアクションセンターの上に表示される問題を修正しました。また、アクションセンターの上部に予期せぬスペースが表示されることがある問題も修正しました。
  • 最近のビルドからデッドロックを修正しました。アクションセンターが空白になる可能性があります。
  • アクションセンターのアイコンアニメーションロジックを調整しました。ログイン後、同じアプリのフラッシュが連続して表示されることはなくなりました。
  • 通知の書式設定されたボタンは右に揃えられました。ダイアログの他のシステムボタンと一貫しています。
  • Win + Vでキーボードフォーカスを通知に設定すると、その上にタブを移動すると、Xの周りに白いフォーカスの四角形が表示され、閉じるボタンが表示されます。
  • Microsoft Edgeに表示されたPDFをリフレッシュすると空白のページが表示され、再度リフレッシュする必要がある問題を修正しました。
  • ネットワークフライアウトのVPN接続ボタンの配置を右寄せにし、グレーの境界線を表示していた問題を修正しました。
  • 設定アプリで輝度を変更した後、アプリを終了すると予期せず輝度が変更される問題を修正しました。
  • Win + Xのフライアウトで、「プログラムと機能」を「アプリと機能」に変更しました。
  • スタートでフォルダを作成するためにタイル上にタイルとドロップするときのアニメーションが洗練されました。
  • UACの設定を「デスクトップを暗くしない」設定にしている場合、エクスプローラーから何かを管理者として実行すると、ファイルエクスプローラーの後ろにUACが表示される問題を修正しました。
  • エクスプローラーの空白をShift + 右クリックすると、「ここでPowerShellを開く」のコンテキストメニューエントリーが大文字で表示される問題を修正しました。
  • カスタマイズされたデスクトップアイコンのレイアウトが再起動後に失われる問題の修正のほか、ドッキングされたデバイスと複数のモニタでデスクトップアイコンを自動配置するように設定した場合、デバイスを再ドッキングすると予期しないデスクトップアイコンのレイアウトが発生する事がある問題も修正しました。
  • ブルーライトを少し滑らかにするときのアニメーションを調整しました。
  • explorer.exeの信頼性の問題を引き起こす可能性のある不正なデータに直面した場合のシステムトレイのロジックをより堅牢に更新しました。
  • DPI設定が150%以上の場合、サードパーティのUWPアプリがクラッシュする問題を修正しました。
  • Windows 8.1から最近のInsiderビルドにアップグレードする場合、アップグレード中にすべてのストアアプリが失われる問題を修正しました。

モバイル向けの修正内容

  • 使用率が低下したため、ビルド15007以降のWindows 10 Mobileでは、アプリコーナーは使用できなくなりました。
  • ビルド15007で一部のデバイスが頻繁に再起動する問題を修正しました。
  • Windows Helloの挨拶がロック画面に表示されない問題を修正しました。
  • ライブタイルでHTTP画像を表示する速度が向上しました。(MSNニュースのライブタイルで表示される画像など)
  • 通話中やContinuum使用時に、画面の表示が顔の近くでも消えない問題を修正しました。
  • 通知の書式設定されたボタンは、ダイアログの他のシステムボタンと一貫して右揃えになりました。
  • Insiderのカスタム入力辞書が予期せず削除される原因となる問題を修正しました。
  • 新しいBluetoothとその他のデバイス設定ページで、Miracastデバイスが切断されている場合でも、Miracastデバイスが接続された状態で表示される問題を修正しました。

PC向けの既知の問題

  • このビルドをダウンロードするときに表示される進行状況インジケータは破損しています。0%または他のパーセンテージで立ち往生しているようにみえるかもしれません。インジケータは無視し、忍耐強く待ってください。問題の詳細はフォーラムで確認できます。
  • 本ビルドに更新後、Spectrum.exeのノンストップ例外が発生し、音が鳴らなくなり、ディスク使用率が非常に高くなり、特定のアプリが反応しなくなることがあります。回避するには”C:\ProgramData\Microsoft\Spectrum\PersistedSpatialAnchors”を削除して再起動してください。詳細はフォーラムで確認できます。
  • このビルドをインストール中、Insiderは以前のビルドにロールバックさせるstorport.sysバグチェック(GSOD)が発生する事がありますが、現在回避策はありません。
  • 一部のPCでは、オーディオは「デバイス使用中のエラー」でときどき動作しなくなります。オーディオサービスを再起動すると少し修正する可能性があります。
  • PCが組織によって管理されていなくても、Windows Updateの設定で「一部の設定は組織によって管理されています」と表示されることがあります。
  • Netflixアプリは起動時にクラッシュすることがあります。もう一度やり直してみてください。
  • Quicken 2016は.NET 4.6.1がインストールされていないというエラーで動作しません。レジストリエディターに精通しているのであれば、以下のレジストリキーのversionの値を、4.7.XXXXXの代わりに4.6.XXXXXに編集することで回避できます。(レジストリを編集する際は十分に注意してください。)
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\NET Framework Setup\NDP\v4\Client
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\NET Framework Setup\NDP\v4\Full
  • Tencent製のアプリやゲームがこのビルドで動いたり動かなかったりします。
  • Xbox 360またはXbox Oneコントローラーを接続するとDWMがクラッシュし、ディスプレイがちらつき、空白または黒く表示されます。
  • ゲーム DOT2の起動に失敗し、「ゲームが開始できません」というメッセージがエラーウィンドウでポップアップします。
  • Microsoft Edgeでナレーターを利用していると、「表示されているアイテムがありません」と言われる時があります。その場合、Alt + Tabキーを使用して、フォーカスを一度Edgeから離すことで期待通りに読み上げるようになります。
  • 高DPIデバイスでは、タスクバーのプレビューアイコンが予期せず小さくなります。
  • 設定のメインページに、ホログラフィックの項目が表示されることがあります。
  • デスクトップゲーム(Win32)で、特定の要素をクリックすると最小化してしまい、元に戻すことができません。
  • すべてのアプリリストから、スタートのタイルへドラッグで固定することができません。アプリを右クリックしてから「スタート画面にピン留めする」を選択してください。
  • Microsoft Edgeにおいて、一部のサイトにアクセスできないことがあります。InPrivateタブからサイトにアクセスしてみてください。
  • 特定のハードウェアでは映画の再生時にNetflixアプリがクラッシュします。
  • 「Cortanaさん、<アプリ名>で<曲名>を再生して」は、アプリをインストールした直後には機能しません。インデックス作成まで約5分待ってからお試しください。

モバイル向けの既知の問題

  • 【AADによる設定同期】再起動を行わないと、Microsoft EdgeはPCからリストを同期しません。
  • 【AADによる設定同期】Microsoft Edgeはパスワードを同期していますが、Edgeの設定の「保存されたパスワード」にパスワードを表示しません。
  • 新しく受信したメールやメッセージの通知をタップしても、メールやメッセージのアプリが開きません。
  • 更新を一時停止する新しいオプションに、PC向けのWindows Defenderを参照するテキストが含まれています。
  • Lumia 635や636などの特定のデバイスにおいて、画面の明るさを手動で変更できないことがあります。自動調整機能は動作しています。
  • ninja catの絵文字はキーボードに期待通りに表示されず、代わりに2文字で表示されます。
  • Microsoft Walletで、新しいカードまたは既存のカードの追加が行なえません。
  • アクションセンターの非通知モードボタンが機能しません。
  • Microsoft Edgeが横向きに回転しないことがあります。このような場合、すぐにデバイスのロック・アンロックをしてみてください。

ひとこと

モバイル向けは大きな変更点はなくバグの修正が主な内容となりました。こちらの環境だけかもしれませんが、前回のビルドで日本語キーボードが重たくなっていたのが改善されていました。パワースライダーの今後も気になりますね。

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15014 for PC and Mobile – Windows Experience BlogWindows Experience Blog


No comments