Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

Mar, 02

Continuumをお手軽お気軽に。市販のUSB-Hub「Aukey CB-C26」でContinuum接続を試す。

こんにちは。「OD-10Z」です。
前回まで、HP Elite x3のレビューを書かせていただきました。各方面から様々な反応を頂き、皆様のHP Elite x3と有線Continuum接続への期待度の高さをうかがい知ることができました。

さて、HP Elite x3での有線Continuum接続ですが、記事では専用デスクドックを使用しておりました。しかしこのデスクドック、単体で見ても税抜き12,000円とそれなりに値が張り、またサイズや重量もそこそこある(横幅108mm、縦幅95mm、高さ30.5mm 重さ約450g)ため、「ちょっと試してみたいなぁ」とか「持ち運んでいつでも使えるようにしたいなぁ」という用途には、向いておりません。

そこで、今回は専用ドックでなくもっと簡単に有線Continuum接続を試せる道具として、USB-Hubの「Aukey CB-C26」をご紹介したいと思います。

「Aukey CB-C26」の詳細と外観をチェック!

Aukeyは、中国のモバイル周辺機器メーカーです。モバイルバッテリーなどで有名な「Anker」と名前がよく似ているため、筆者も最初はAnkerと勘違いしていましたが、別メーカーですので注意しましょう。

Aukey製品は多少品質が劣るものが多いようですが、総じて安価なものが多く、ちょっと試したいといった用途には実に適しています。
今回紹介する「Aukey CB-C26」も、Amazonで 3,899円で購入しました。(参考: https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01F8W4654/ 本記事執筆時点では、残念ながら品切れ中のようです)

外装は簡易な段ボール素材で、それをラップで包んであるだけの、非常にシンプルなものです。余計な飾りや印字などもほとんどありません。

中身を取り出すと、本体と説明書、保証期間に関する注意書きだけが入っていました。本体は薄い袋に入っていました。説明書は複数言語の記載があり、日本語のページもありますが、若干日本語が変な部分があります。とはいえ、概ね意味は通じる程度のものです。

本体はとてもコンパクトです。
参考までに、サイズ比較用にMADOSMA Q501と並べて撮影してみました。本体部分だけならかなり小さいことがわかります。
説明書によれば、本体サイズは横幅84mm、縦幅59mm、高さ15mm。重量も110gと軽量なので、鞄などに常に入れておいて持ち運びするのにも最適です。

コネクタケーブルはType-CのUSBケーブルです。このコネクタケーブルは取り外しが出来ないため、このままポケットに入れるにはコネクタが邪魔になってしまいます。鞄に入れる場合はさほど問題にはなりませんが、ケーブルも固めの材質になっているので収納時には意外と場所を取るかもしれません。

左右にはそれぞれフルサイズ(Type-A)のUSBポートが2つずつ、計4つあります。

コネクタケーブルがついているのとは反対側の面に、HDMIポートが1つ、そして充電端子も兼ねたType-Cポートが1つあります。本機は、この充電端子も兼ねたType-Cポートに充電ケーブルを接続しておけば、充電しながらUSB-Hubとして使用することが可能になっております。

尚、コネクタケーブルとスマートフォン本体を接続するとLEDランプが緑色に点灯します。充電端子とつないでも緑色になったままです。出来れば、充電中は赤、などのように色が変わってほしかったところです。

有線Continuumにも、それ以外にも。

この「Aukey CB-C26」を使用して有線Continuum接続するのは、とっても簡単です。コネクタケーブルをHP Elite x3(または有線Continuum接続対応機)に接続し、HDMIポートをモニターと接続するだけです。
このとき、USB-Hubを電源と接続する必要はありません。USB-Hubの電力はスマートフォン本体側からの給電でも賄えますので、いちいち電源に繋いで……ということを気にしなくていいのは良ポイントです。

お手軽に有線Continuum接続が出来ました。

たったこれだけで、有線Continuum接続が開始できました。
USBポートも4つありますので、仮にキーボードとマウスで2つ使ったとしても、まだ2つ分の余裕がある、というのはありがたいです。この点はHP Elite x3用のデスクドックよりも優れている点です。

固有の問題?相性問題?―― 充電しながらのContinuum接続は出来ず

しかし問題もあります。

なんとContinuum接続中に充電端子に充電ケーブルを接続すると、接続が遮断されます。このため、本機で「充電しながら有線Continuum接続」は、(少なくとも筆者の手元では)実現できませんでした。
USB Power Delivery対応の機器をそろえて行っても、変化はありませんでした。

尚、筆者の私物として「Lumia 950」も所持しているのでこちらで試した際には、充電端子を接続しても、Continuumが切断されることはありませんでした。よって、恐らくは「CB-C26とHP Elite x3の相性問題」か、「私個人のHP Elite x3固有の問題」のどちらかと思われます。

もしかしたらCB-C26側の問題の可能性もあるため、購入される際には注意が必要です。ですが、それだけで購入に値しないかといえば、そうでもありません。
充電しながらの有線Continuum接続が出来ないとはいえど、スマフォ本体側のバッテリーが持続する限りは特に問題ありません。この点、HP Elite x3はバッテリー容量が大きいので、長時間の接続でなければ特に問題はないでしょう。

いかがでしょうか。
「安価に有線Continuum接続を試したい」という場合には十分に有効な選択肢であります。また、専用品ではなく普通にUSB Hubとしての使用も可能、ということを考えれば、本機は中々お買い得な商品なのではないかと思います。
興味がある方は、是非一度、ご検討ください。


No comments