Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

May, 31

パスワード管理の定番アプリ「1Password Alpha」をWindows 10 Mobileでも活用しよう

MicrosoftアカウントやGoogleアカウント、そしてインターネット上に用意された様々なサービス。こういったものを利用する上でしっかりと管理しておくべきものといえばログインID(ユーザーID)とパスワード。

同じパスワードを使いまわしするのはお世辞にもよろしくない一方、たくさんあるパスワードを全部覚えるのは無理!そんな人のためのサービスとして、パソコンでもスマホでも利用できるパスワード管理サービス「1Password」は定番といったところ。

この1Password、実はWindows 10 Mobileの普及に併せて、現在Beta版が公開中です。今回はこのWindows 10 Mobile用アプリ「1Password Alpha」の使い勝手をチェックしていくことにします。

他のOS用アプリと大きく変わらない初期設定

アプリは現在ベータ版としての運用がされているものの、インストールは他のアプリ同様、Microsoftストアから行なうことが可能です。「1Password Alpha」と検索すればヒットするはず。ちなみに提供元は「AgileBits Inc.」となっています。

1password_001

インストール後にアプリを起動すると、初期設定画面が立ち上がります。ここでは新規のアカウント開設と既存のアカウントで作成した書庫データへの接続、2パターンが選択可能。今回は既存の書庫を活用しての設定として、下の「Already have 1Password data somewhere else?」から進んでいきます。

1password_002

パスワードの書庫データは他のOS用にリリースされているアプリ同様、ローカルフォルダの他、クラウドストレージの中から探すことも。今回はDropboxに格納しているデータを参照することに。

1password_003

Dropboxを参照元として指定すると、ログイン画面が表示されました。ちなみに筆者はDropboxにワインタイムパスワード(使い捨てパスワード)を用いた二段階認証を導入していますが、それはこの1Password Alphaでもしっかり動作してくれました。つまりは他のOSを搭載したスマホと本当に大きな違いなく、初期設定が進められるということです。

1password_004

ログイン情報を入力すると認証がはじまり……

1password_005

Dropbox内に保管されている書庫データを発見。保管場所は自分なりにカスタマイズし、やや深い階層にしていますが、その点も気にする必要がないくらいあっさりとファイルを認識してくれました。

1password_006

ファイルの認識後は、書庫ファイルへアクセスするために設定してあるマスターパスワードを入力。

1password_007

パスワードが認証されると無事ログインができました。

1password_008

アプリUIも他のOS用アプリと同じ感覚で使える

アプリのUIも少し確認していきます。画面左側には登録されているログイン情報に設定しているカテゴリーがずらり。

1password_009

各カテゴリーをタップで選択すると、そのカテゴリーに含まれるログイン情報だけを抽出して表示することが可能です。

1password_010

1password_011

こちらは個別のログイン情報を表示した様子。もちろん登録している内容により、表示される項目は変わりますが、基本的にはAndroidやiOSなど、他のOS用にリリースされているアプリと大きく変わらないデザインになっています。

1password_012

画面右上にある「Browse」をタップすると、登録されているログイン情報を記憶したまま、インターネットブラウザが立ち上がります。

1password_013

ログイン情報の内容にログイン画面のURLをきちんと登録しておくと、ブラウザでログイン画面を表示するとともに、ログイン情報の入力欄に予め記憶されていた情報を自動入力してくれます。なおもちろん、ログインIDやパスワードなどを個別にコピーして入力することも可能です。

1password_014

またログイン情報が表示されているリスト画面では、見出しの「A」「B」といった頭文字の区切り部分をタップすると、頭文字によるサーチも行なうことができます。

1password_015

1password_016

もともと1Passwordに登録している情報が多いヘビーユーザーの人にとっては、このような細かい配慮もうれしいですね。

とはいえあくまでベータ版。大部分は英語表記

ここまで触れてみて、パソコンや他のOSを搭載したスマホなどで1Passwordを使い慣れている人には大きな違和感なく使用できる印象。ただしまだベータ版ということもあり、すべてがバッチリとはいきません。

例えば設定画面。ここには「Securty」「Display」「1Browser」といったタブが用意されていますが、その内容となる設定項目も含め、表示言語は全て英語となっています。

1password_017

1password_018

1password_019

1password_020

当記事を執筆している2016年5月24日時点においてサポートされている言語となっているのはスペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、英語(英国および米国)の5つ。こちらは今後正式リリースまでに日本語の追加も期待したいところ。

また一部の基本的な機能もまだ制限された状態となっています。例えば、新しいログイン情報追加を追加する、ログイン情報リストの画面上部に配置されたAddボタン。グレーアウトしてボタンが押せないようになっています。

1password_021

すでに登録されているログイン情報を加筆・修正するため、詳細画面の右上に配置されたEditボタンも同様です。

1password_022

もしかするとこれら一部の機能は正式版では有料オプション扱いとなる可能性もあるのかな?などと考えつつも、今後の対応に期待したいところ。

まとめ

今回1Password Alphaを試してみましたが、現在まだアプリはベータ版ということもあり、他のOS向けアプリと比較しても”完全に”同様に使用できるとはまではいえないレベルでした。

ですがこのアプリ上で情報の追加や登録を行わないのであれば、意外と十分ではないかな、というのか正直なところ。ログインIDやパスワードといった最低限必要な情報はもちろん、その他の追加情報(URLなど)もきちんと確認可能ですし、何よりUIデザインが同じに近い点はわかりやすく感じました。

Windows 10 Mobileでできることをいろいろと試しているであろう現状においては、ログイン情報の入力を力強くサポートしてくれるこの1Password Alphaは大いに活躍してくれるはず。ぜひ一度試してみてください。

・アプリ名:1Password Alpha
・AgileBits Inc.
・無料
https://www.microsoft.com/ja-jp/store/apps/1password-alpha/9nblgggz0ht9


No comments