Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

Mar, 28

Windows 10 Mobile版「OneDrive」の基本的な使い方について

マイクロソフトのオンラインストレージ「OneDrive(ワンドライブ)」はWindows 10 MobileやPC版 Windows にプリインストールされています。OneDriveの利点はOfficeのデータを保存できることで、Windows 間でOfficeデータを共有し編集出来るところにあります。Windows 10 Mobileも同様にOneDriveでOfficeデータの共有を可能としているため、Officeデータを保存する用途として使うだけでも価値のあるツールといえます。

OneDrive アプリの利用方法

OneDrive アプリを利用するにはマイクロソフトアカウントが必要となります。Windows 10 Mobileを使うにあたってマイクロソフトアカウントは必須ともいえるので、ここでは説明を省きます。

まずは、アプリ一覧から「OneDrive」を探し起動してください。

 

インターフェースの解説

OneDriveのインターフェースは下部に集約されています。

 

インターフェース 左から順に「アップロード」、「ファイルの複数選択」、「ファイルの順序変更」、「新規フォルダー作成」、「その他設定」

基本的にGoogleドライブやDropboxと使い方は同じです。オンラインストレージを使ったことがある人には難しい操作はないでしょう。

 

アップロード機能

一番肝となるアップロードですが、ファイルマネージャーからアップロードするファイルを選びたい場合は「このデバイス」を。撮影した写真や動画をアップロードしたければ「フォト」を。そして他社オンラインストレージのデータを「OneDrive」に移動させたければ対応するクラウドサービスを(ここではDropboxがある)。カメラで撮影した写真を直接アップロードしたい場合は「カメラ」をタップすることでカメラアプリが起動します。

アップロードしたファイルをダウンロードする

アップロードしたファイルをダウンロードする方法ですが、複数選択をし、まとめてダウンロードする方法と一つのファイルだけをダウンロードする2つやり方があります。

 

【複数ファイルをダウンロードする】

インターフェースの解説であった複数選択をタップします。

 

ファイルを複数チェックし、右下の赤枠をタップ。

その後、ダウンロードを選択

これで複数ファイルのダウンロードが出来ます。

【単一ファイルのダウンロード】

ダウンロードしたいファイルを長押しし、ダウンロードをタップすることでダウンロード可能です。

ファイルの削除方法

アップロードしているファイルを削除する方法についてですが、こちらも複数ファイル、単一ファイルで削除可能です。

【複数ファイルの削除】

複数ファイルを削除する場合は、複数ファイルのダウンロードと同様に「複数選択」をタップし、削除したいファイルを選択します。選択後、ゴミ箱アイコンをタップすることで該当ファイルを削除出来ます。

 

【単一ファイルの削除】

削除したファイルを長押しし、削除をタップ。

 

 

まとめ

使い方は至ってシンプルで簡単に利用できます。Officeデータも初期設定の状態であると上書き保存でそのままOneDriveへアップロードされるため、初心者でも扱いやすいです。5GBまで無料ですが、Officeデータだけであれば5GBは多すぎるくらいでしょう。うまく活用していきたいところです。

 

 


OneDrive

No comments