Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

Feb, 27

二段階認証はこれにお任せ、Microsoft Authenticator

Microsoftアカウントのセキュリティ対策、万全ですか?

lifeでは以前、2段階認証が行えるアプリである「Authenticator」を紹介しました。しかし、そちらのアプリは既に古いものとなっており、現在は新しい認証アプリが登場しています。その名も「Microsoft Authenticator」!

頭にMicrosoftと付いただけですが、中身は別物です。

Android/iOS版とほぼ同等の機能

「Microsoft Authenticator」はWindows以外のOS向けにも公開されているアプリです。その特徴は、ワンタップでMicrosoftアカウントへのサインインを許可できること。数桁のセキュリティコードを入力する必要がなくなりました。

この認証ダイアログは通知として表示されるので、CortanaでWindows PCと通知の連携をしておけば、PC側のアクションセンターから認証を行うことも可能です。

QRコード不要、アカウント登録

これまでは、QRコードをカメラで読み取る必要があった。

以前ご紹介した「Authenticator」では、Microsoftアカウントのセキュリティ設定の画面に表示されるQRコードを読み取る必要がありましたが、この「Microsoft Authenticator」ではその必要はありません。

事前に2段階認証を有効にしておく必要はありますが、既に設定済みであれば、現在電話でログイン中のMicrosoftアカウントを選択するだけでセットアップが完了します。Windows 10 Mobile端末を初期化したり、買い替えたりした際など、電話単体での設定が行えるのでかなり楽になりました。

2段階認証を有効にする方法は以下の記事をご参照ください。

2段階認証でアカウントのセキュリティを向上!Authenticator

アカウント追加の手順

アプリを起動すると、最初のアカウントを追加するように促されますので、「アカウントを追加」をタップします。

アカウントの追加画面が表示されるので、「個人のアカウント」を選択しましょう。

すると、現在電話でログイン中のアカウントが表示されるので、2段階認証を利用したいアカウントを選択します。ここでMicrosoftアカウントのログインパスワードを求められるので、パスワードを入力することで、アカウントの追加が完了します。

なお、アカウントの追加で「その他(Google、Facebookなど)」を選択した場合は、QRコードを撮影する画面が表示されます。

ちゃんとやろう、セキュリティ対策

不審なサインインが相次ぐMicrosoftアカウント。他人に推測されにくいパスワードを設定するのはもちろんのことですが、万が一パスワードを知られてしまった場合でも、2段階認証を設定していればそこで食い止めることができます。「Microsoft Authenticator」は「Authenticator」よりも手軽に扱うことができるようになっていますので、しっかり対策をしておきましょう。


No comments