Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

Feb, 22

【初心者向けガイド】文字入力以外のキーボードの操作方法

この記事では、Windows 10 Mobileを搭載するスマートフォンのキーボードでの、文字入力以外の操作方法を紹介していきます。

キーボードを切り替える

Windows Phoneにて文字入力中にキーボード(入力言語)を切り替える場合は、キーボード上にある””マークのついたキーを左右にスワイプ操作します。

文字入力以外のキーボード操作方法

上の写真の状態からスワイプをするたびに、インストールしているキーボードが順番に切り替わっていきます。

文字入力以外のキーボード操作方法

文字入力以外のキーボード操作方法

なお入力したい言語のキーボードが表示されないという場合は、設定画面からキーボードを追加しましょう。手順は以下の記事で説明していますので、合わせてチェックしてみてください。

※※※※※記事リンク挿入:201610-0003_【初心者向けガイド】キーボードを追加・設定・削除する方法

キーボードの位置を動かす

キーボードを切り替える際にスワイプしたキーには””のマークと別に”=”のマークも付いています。このキーを上下にドラッグ操作(タップしたまま動かす)と、キーボードの表示場所を動かすことも可能です。

文字入力以外のキーボード操作方法

試しに上に動かしてみました。動かせる範囲は画面の上端~下端までです。

文字入力以外のキーボード操作方法

普段はあまり使うことはないと思います。ただしもし文字を入力していて画面がみづらいと感じることがあれば、ひとつのテクニックとして活用してみる価値はあるでしょう。

文字入力カーソルを細かく動かす

キーボードをよく観察してみると、色付きの点がひとつ配置されています。

文字入力以外のキーボード操作方法

これは文字入力中のカーソルを操作できるポインタです。長押ししている間は上下左右の矢印がでてきます。

文字入力以外のキーボード操作方法

押したまま上下左右に指を動かしてみると、画面上部の文字入力画面にて、カーソルがその方向に1文字(あるいは1段)ずつ細かく動かすことが可能です。

文字入力以外のキーボード操作方法

文字入力以外のキーボード操作方法

文字入力以外のキーボード操作方法

文字入力以外のキーボード操作方法

最後に

キーボード(文字入力)はスマートフォンを使う上でよく行なう操作です。

今回紹介した内容はどれもちょっとしたことですが、知っていると意外と役に立つ場面もでてくると思います。

特に、個人的にオススメしたいのは3番目に紹介した「ポインタ機能」。

文字を入力していて抜けがあった。こんな時に画面をタッチしてカーソル位置を変更してもよいのですが、なかなか思い通りの位置にカーソルが移動できず苦戦する。

そんな場面にとても重宝する機能になっています。


No comments