Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

Mar, 13

エントリーモデルの決定打「FREETEL KATANA 02」をレビュー

マウスコンピュータのMADOSMA登場以来、いくつかのWindows 10 Mobileが登場していますが、画面サイズやスペックを考慮して、このFREETEL(プラスワン・マーケティング)の「KATANA 02」を購入したというユーザーも多いのではないでしょうか。

KATANA 02は5インチディスプレイに2GBのメモリを搭載したWindows 10 Mobileスマートフォンではエントリー~中級者向けのミドルレンジのスマートフォンです。価格も19,800円(税抜)と比較的お手頃な価格で購入できます。

それでは、お手頃価格のWindows 10 Mobileスマホ、KATANA 02の特徴と魅力をレビューしていきたいと思います。

FREETEL KATANA 02

FREETEL KATANA 02

パッケージングは2段箱

まず購入時に思うのは、KATANA 02のパッケージング(箱)が2段になってることです。しかも片側からスライド式で取り出す仕様です。なかなか珍しいパッケージングですが、初めてのWindows 10 Mobileスマートフォン購入としてドキドキさせられる演出です。

パッケージングはKATANA 01とほぼ同じ仕様

パッケージングはKATANA 01とほぼ同じ仕様

さて、梱包内容ですが、上の箱にはバックドア(裏蓋)とマニュアルが、下の箱には本体とバッテリー、ケーブル、充電器がセットされています。付属としては最上限の構成のようです。実はこのパッケージングと構成、KATANA 01と全く同じみたいです。

梱包品はこのように2つに別けてセットされている

梱包品はこのように2つに別けてセットされている

非常にコンパクトな5インチスマホ

画面サイズは5インチ1280×720HDながら本体の薄さ(8.9mm)やサイズ感はまずまずコンパクトです。背面のバックドアはプラスチック製ながらヘアライン加工で手触りの良い質感となっています。裏蓋の取り外しでは、少々心もとなく、割れそうな心配をしてしまいますが、ある程度の柔軟性を持っているので心配は不要。本体を囲むベゼルは金属製でしっかりとした安心感と高級感を持ち合わせています。本体右側面には、ベセルと同色の電源ボタン、音量調整ボタンが配置されています。

背面はサラサラとしたヘアライン加工

背面はサラサラとしたヘアライン加工

実際に手に持つと、背面が曲面処理されていることから、しっくり手に馴染みます。重さも159gと、ある程度の存在感と持ちやすさが実感できるでしょう。

薄さは8.9mmと非常に薄い

薄さは8.9mmと非常に薄い

SIMはデュアルスロット

裏蓋を外すと、バッテリー、SIMスロット、Micro SDカードスロットが現れます。SIMスロットは2つ設けられています。どちらもサイズはMicro SIMサイズ。デュアルでのデータ通信の利用は不可となっています。
バッテリーの容量は2600mAhで取り外しも可能。なお充電USB端子は端末上面に設けられています。

SIMはデュアルスロットだが、同時にデータ通信は使えない

SIMはデュアルスロットだが、同時にデータ通信は使えない

充電端子の位置については個人的に少々残念な気もします。この位置だと充電しながらの使用は使い勝手が悪いのです。こちらに関しては、次の機種で改善していただきたいポイントではないかと思います

充電端子は上部に配置されている

充電端子は上部に配置されている

お手頃価格なのにメモリは2GB

先にもふれましたが、19,800円(税別)と20,000円をきる価格のKATANA 02の性能は、クアッドコアのCPUを搭載、2GBのメモリーと16GBのストレージ。対応バンドはFD-LTEがバンド1/6/8/16、WCDMA(3G)が1/6/8/19とドコモ/ソフトバンク両ネットワークに対応しています。

MADOSMAがQualcom Snapdrogon 410(1.2GHz)のクワッドコアCPUを採用しているのに対し、KATANA 02はQualcom Anapdragon 210(1.1GHz)と多少見劣りしてしまいますが、対してメモリーはMADOSMAが1GB、KATANA 02が2GBとなっています。内部ストレージもMADOSMAが8GBなので約倍の容量を備えています。CPUの性能では勝る機種もありますが、2GBのメモリーは動作を快適に保つことに一役かっているといって良いでしょう。
なお、Micro SDカードは1スロットで最大32GBまで対応になってます。

操作性はサクサク動く印象

5点式マルチタッチを採用していることもあり、画面操作のレスポンスも良い感じです。KATANA 01を触った時のもたつき感は、KATANA 02では感じられませんでした。快適なスクロール、フリック操作ができ、ストレスなく使用可能です。

カメラ性能はまずまず

KATANA 02のカメラ性能はリアのメインカメラが8メガ、インカメラが2メガとなっています。やはりどうしても、多くのWindows 10 MobileスマートフォンがiPhoneや高性能なAndroidスマートフォンと比べ見劣りしてしまうのは否めません。しかしKATANA 02は2灯フラッシュを搭載するなど、リアカメラでは健闘している方だと言って良いのではないでしょうか。

背面カメラは8メガ。2灯フラッシュを搭載している

背面カメラは8メガ。2灯フラッシュを搭載している

このようにKATANA 02はKATANA 01から強化された面も多く、Windows 10 Mobile OSを搭載した機種の中でも、オススメできる入門機といえるでしょう。特に2GBのメモリを搭載した効果は高く、サクサクとした操作性とまではいきませんが、快適に操作することにひと役かっています。このパフォーマンスで19,800円(税別)は、お得なコスパの高い機種と断言できます。

「初めてのWindows 10 Mobileスマートフォンでも、快適な操作性を求めたい」というユーザーには、満足できる1台だと言えるのではないでしょうか。

FREETEL KATANA 02の主な仕様
 ・OS Windows 10 Mobile
 ・ディスプレイ 5インチ(720×1280ドット)
 ・CPU Qualcom Anapdragon 210(1.1GHz)クアッドコア
 ・RAM 2GB
 ・内部ストレージ 16GB
 ・外部メモリ MicroSDXC(最大32GB)
 ・ネットワーク(GSM) 850/900/1800/1900
 ・ネットワーク(WCDMA) B1/B6/B8/B9
 ・ネットワーク(LTE) B1/B3/B19
 ※ドコモ(バンド19)、ソフトバンク(バンド8)両プラチナバンド対応
 ・Bluetoot 4.0
 ・カメラ(背面) 800面画素
 ・カメラ(全面) 200万画素
 ・バッテリー 2600mAh(取り外し可)
 ・本体サイズ 141×72×8.9
 ・重量 159g

 

執筆:甲斐寿憲


No comments