Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

Feb, 03

MADOSMAを見つめ直す第2回 ― 性能から見るMADOSMA Q501

MADOSMA連載第2回目です。今回はMADOSMA Q501のスペックに焦点を当てていきます。

性能は決して高いわけではない

MADOSMA Q501はSoCにSnapdragon 410を採用し、1GBのメモリと8GBのストレージを搭載。5インチIPSディスプレイの解像度はHDです。似たような性能のAndroidデバイスと比較するとメモリが半分なことや、バッテリーが少なめなことが目立つことかと思います。しかし、Windows 10 MobileデバイスのラインナップにはSnapdragon 210のデバイスが多くあるため、Windows 10 Mobile機としては価格と性能を両立したバランスの取れているデバイスです。

それでも多くのアプリを動かしたり、高度な処理能力を要求するアプリを実行しようと思うと性能不足を感じてしまうことでしょう。このMADOSMA Q501よりも高性能なデバイスとして、MADOSMA Q601やNuAns NEO、VAIO Phone bizといったSnapdragon 617搭載のミドルハイモデルや、Liquid Jade PrimoやElite x3といったSnapdragon 808/820搭載のハイエンドモデルが存在します。

ハイエンドなモデルになるほど演算能力やメモリ容量は大きくなりますが、価格は非常に高価なものとなっていきます。その為、どのデバイスを購入するのが最適かを、用途や使いたいアプリによって見極める必要があります。まずはひとつの基準として、MADOSMA Q501はどの程度のことまでならこなせるのか、早速探っていきましょう。

MADOSMA Q501ができること。

MADOSMA Q501ができること。やれること。

軽いブラウジングやSNS用途であれば十分の性能

電話やメール、Microsoft Edgeでのちょっとしたウェブサイトの閲覧などであれば十分に行える性能です。ただし、メモリが1GBしかないため、複数のアプリと行ったり来たりをしているとタブがリロードされてしまうことがあります。

また、TwitterなどのSNSであれば、多くのクライアントアプリが軽快に動作してくれます。但し、Facebookは別です。Facebookアプリはシステム必要条件の中に「メモリを2GB搭載していること」が含まれてしまっていますので、MADOSMA Q501ではインストールはできるものの読み込みなどの動作が非常に遅いです。投稿時に写真の加工を行うとアプリが終了してしまうこともありました。Facebookについてはハイエンドのモデルでも動作は遅めなので、そういったものだと割り切るしかないでしょう。

Office Mobileで文書の閲覧や作成

メーカーが想定している本来の使い方です。膨大な量のデータが含まれるドキュメントでなければ互換性も高く、役立ってくれることでしょう。

但し、実際に仕事として編集を行う場合はOffice 365の契約が必要なほか、マウスやキーボードを持ち歩かないと長文を打ったり細かな編集をしたりすることは難しいかもしれませんね。

各種PDFドキュメントや自炊した書籍の閲覧

プリインストールのWordなどを活用するのはもちろん、PDFファイルなどを開けるアプリを別途導入すれば、MADOSMAをドキュメントビューアーとして利用することができます。

昨今は大型のディスプレイを搭載したものが多くなってきたため、5インチHDのディスプレイは小さい部類に入ってしまうのかもしれませんが、文字は潰れることなく読めますし、自炊本であっても見づらさを感じることはありませんでした。

明るく表示の綺麗なディスプレイなのでこういった用途に最適ですが、国内の電子書籍サービスや、AmazonのKindleなどを利用できないことが非常に残念に思います。海外向けであれば、WindowsストアでEPUB形式の電子書籍を買ってMicrosoft Edgeで読むといったことができるようMicrosoftが計画しているのですが……。(Windows 10 Creators Update以降対応予定)

https://w10m.jp/apps/cover

音楽の再生

microSDに音楽ファイルを入れておけば、Grooveミュージックで音楽を聴くことができます。音に拘る方でなければ、特に気にすることもなく音楽を楽しむことができることでしょう。SpotifyやKKBOXを利用してみてもいいですね。

そちらを利用する場合は、スリープからの復帰やアプリの切り替えで毎回読み込みが入るので、その待ち時間にすこし苛立ちを感じるかもしれません。ちなみに、Google Play ミュージックは現在サードパーティのアプリが削除されており、アクセス自体もできないようです。

Windows 10 Mobileでも楽しめる、定額制音楽配信サービスをチェック!

動画の再生

Youtubeやニコニコ動画、dアニメ、dTVといったコンテンツをMicrosoft Edge上で楽しんでみましょう。dアニメとdTVに関してだけはEdgeの優先設定を「デスクトップ用サイト」に変更する必要がありますが、PC同様に視聴が可能です。ニコニコ動画の場合はサードパーティ製のアプリも存在します。

しかし、メモリ容量の都合がありますので、ブラウザ上での視聴は時々強制終了に見舞われることも……。

Wi-Fiルーターとして

MS-TCCというプロトコルに対応しているので、Windows PCからMADOSMA Q501のテザリング機能をオンにできます。同じMSアカウントでサインインしているのであれば、双方のBluetoothとWi-Fiをオンにした状態でMS-TCCの機能が利用できます。MSアカウントが違う場合は予めPCとMADOSMAとでBluetoothペアリングをしておきましょう。

テザリングをオンにするには、タスクバーのWi-Fiアイコンからアクセスポイント一覧を表示し、そこに出ているMADOSMAのアクセスポイント名を選択して接続をするだけです。

MADOSMA Q501では不向き、もしくは不可能な使い方

ゲームをプレイする

Windows Phone 8も動作対象となっているゲームが大半を占めているので、3Dのゲームであっても十分動作します。Gameloftなどのトップデベロッパーのゲームもバッチリです。

十分動作する性能があるとはいえ、MADOSMA Q501はストレージ容量が小さいため、複数インストールするのはとても厳しいです。microSDカードへインストールするにしてもインストールそのものにとても時間がかかります。

また、タッチパネルの反応や精度が、高度な操作を要求するゲームに耐えうるだけの性能ではないため、特にFPSのようなゲームでは精密に標準を合わせるような操作が思うように行えませんでした。性能面よりタッチパネルが一番足を引っ張ってるような気がしてなりません。

マルチタスクな運用

複数のアプリを行き来していると、メモリ不足で幾つかのアプリが終了されてしまうことがあります。搭載メモリ量が少ないのでこればかりはどうしようもないことです。基本的にシングルタスクで使うぐらいのつもりが丁度よいぐらいです。

カメラで綺麗な写真を撮る

綺麗な写真が絶対に撮れないわけではありませんが、ピントが合いにくいことや、そもそもカメラ自体の性能が他と大きく劣ることなど、それなりなものを撮るのが精一杯です。幸いにもマニュアルモードは利用できますので、MADOSMA Q501で面白い写真を撮れるかどうかは腕の見せ所ではあります。手軽さと綺麗さを求めてはいけない機種です。

Continuumは利用できない

Continuumに必要な要件としてSnapdragon 617以上のSoCを搭載している必要がありますので、Snapdragon 410搭載のMADOSMA Q501ではContinuumは利用できません。

Windows Helloは利用できない

こちらは指紋認証や虹彩認証ですが、MADOSMA Q501にはそういったハードウェアが搭載されていないので利用できません。後付けも不可能です。

番外編 Insider Previewだとどうなる?

MADOSMA Q501はInsider Preview Programに参加して、Microsoftが開発中の新しいバージョンのWindowsをいち早く試すことができるようになっています。

基本的にやれることは変わらないのですが、そのときのビルドによっては動作が重くなり、文字が打てなくなるようなことはあります。アプリがよく落ちたり、動かなくなってしまうこともあるでしょう。元々が低性能なハードウェアなため、不具合などによる性能低下の影響は大きく受けることかと思います。

できないことは多くはないが

基本的な部分は押さえてある性能であり、大方のことはそれなりにこなせる機種です。性能的にはこの辺りが最低ラインと考えられそうです。もう少しメモリに余裕がほしいとなると、SoCの性能は据え置きでメモリだけ2GBに増量したEveryPhoneがありますが、それならば一つ上のSnapdragon 617を搭載しているMADOSMA Q601やNuAns NEOなどを視野に入れたほうが良いでしょう。Continuumが利用できるほか、体感パフォーマンスもグッと向上します。

MADOSMA Q501で「何」をやるか、「何」ならできるか。性能の限界を知っておくと購入時の判断材料としたり、自分なりにどういった使い方ができるかが考えやすくなるかと思います。


MADOSMAQ501

No comments