Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

News
Mar, 26

海外のWindows Phoneの半数がWindows 10 Mobileにアップデートできない!?

先日のMicrosoftの発表で、Windows Phone 8を搭載したLumiaの該当機種がWindows 10 Mobileにアップグレードする計画を示しましたが、アップデートできない一部の機種の海外ユーザーから不満の声があがっているようです。

対応機種の判別は、RAM512MBの機種が除外された点で、Lumia 635などは1GBモデルのみWindows 10 Mobileにアップグレードが可能となっているようです。まですが、Lumia 1020やHTC One(M8)for Windowsのような1GB以上のRAMを搭載した機種も除外されています。Lumia 1020の場合はInsider Program参加者からパフォーマンス低下などの問題が報告されたためということになっています。

今回、不満の声が大きい最大の原因は、Lumia 635を含むシェア上位10機種中5機種が今回のロールアウトで除外されているということで、全体の3分の1以上がWindows 10 Mobileにアップグレードできないことから混乱を招いているようです。

海外の広告プロバイダ・AdDuplex(https://www.adduplex.com/)によると、当面Windows 10 MobileにアップグレードできないWindows Phoneデバイスがおよそ50%に上るとの事前予測を示しています。また、Windows Phoneデバイスのうち49.6%がWindows 10にアップグレードできないとされています。

なお、2016年3月26日現在、Windows Insider Programの対応機種に含まれるLumiaは19機種となっていますが、昨年7月の段階では33機種(Internet Archive)となっていました。該当する19機種の中にはWindows 10 Mobile搭載機が3機種含まれるため、実際には半分以下になっています。

大幅なアップデートの際に、非力なスペックの機種が対象から切り捨てられるのは技術的にも致し方なく、他のOSでもよくあることなのですが、今回の件では、ほぼ半数のWindows PhoneユーザーがWindows 10 Mobileへと移行できないということから騒動となっているようです。また、当初の予定から対象機種が減ったことで「NOKIAブランドの切り捨てでは?」といった不満が、ネット上のBBSやSNSを中心に書きこまれているようです。

 

執筆:甲斐寿憲


4

No comments