Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

News
Apr, 03

【特集:MVNO SIM】au系回線とドコモ系回線を提供している、少し変わったMVNO「mineo」

MVNOの回線といえば「ドコモの回線網」だけと思いがちですが、「mineo」はau系回線とドコモ系回線両方を提供しており、他社と少し違う面白い特徴を持っています。そんなmineoについて、今回はざっくりとご紹介していきましょう。

マルチキャリアに対応、au端末、ドコモ端末もそのまま使える

mineoのサイトより

mineoのサイトより

mineoは他社と違い、au系回線とドコモ系回線を使ったマルチキャリアサービスを提供しています。

手持ちのスマートフォンがau端末であっても、ドコモ端末であっても格安SIMの恩恵を受けることができます。それに加えて、auプラン、ドコモプラン間の乗り換えも簡単なので、機種変更の幅が広がります。
さらに、auプランとドコモプラン間のパケットシェアが可能なので、家族でパケットシェアが組みやすいという利点があります。

余ったデータ容量は翌月へ繰り越し

mineoのサイトより

mineoのサイトより

余ったデータ容量は翌月までに繰り越すことが可能ですので、データ容量を無駄なく使うことができます。
また、同じ住所に住んでいる家族同士でデータ容量繰り越し分を分け合えることができます。

例えば、普段あまりデータ容量を使わない親と、データ容量を多く使う子供と、データ容量を分け合うと月々の料金を安く抑えることができるので、家計にも優しい契約をすることができます。

mineoユーザー同士でデータ容量をシェアできる

mineoのサイトより

mineoのサイトより

mineoではなんと、ユーザー同士でデータ容量をシェアできる、フリータンクという機能があります。

イメージとしては「ユーザー同士のパケット貯蔵庫で、データ容量が余ったら、他のmineoユーザーへデータ容量を分け合える」というものです。
余った月は他のユーザーへおすそ分け、使いすぎてしまった月は、他のユーザーから分けができるという、何とも面白い機能です。

月額700円からのお手軽プラン

mineo

mineoはデータ通信のみであれば、月額700円から契約できるお得なプラン体制となっています。データ通信のみであれば、auプランとドコモプランとも差はありません。ただし、ドコモプランのみSMSオプションを契約すると120円追加となります。

通話+データタイプは、auプランの方がドコモプランより若干安くなっています。MNOキャリアのプランと比べると、とてもお手頃価格設定です。また、SMS月額基本料が通話+データタイプの場合、無料で付いてきます。

データ容量シェアで賢く契約ができるmineo

mineoではデータ容量シェアやフリータンクを使うことで、月々の料金をより安くできるようになっています。そのため、個人契約のみならず、家族で契約してもお得にスマートフォンを使えるようになります。
家族全員でMVNOへ移行を検討している方は是非検討されてみてはいかがでしょうか。

 

・リンク mineo: http://mineo.jp/

 

執筆:syobon


mineo
0

No comments