Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

News
Jul, 14

ソフトバンク、レノボ製Windows 10 Mobile搭載スマートフォン「Softbank 503LV」を発表

503LV

ソフトバンク株式会社は7月14日、同社初のWindows 10 Mobile搭載スマートフォン「SoftBank 503LV」を10月下旬以降に発売すると発表した。
製造メーカーはレノボで、こちらも国内事業者向けに端末供給を行うのも、日本国内向けにWindows 10 Mobileスマートフォンを発売するのも初。

SoftBank 503LVはWindows 10 Mobile搭載のスマートフォンとしてはミドルレンジに位置する機種となっている。
画面サイズは5.0インチ、解像度はHD(1280×720)。
チップセットにはオクタコアCPUのQualcomm Snapdragon 617(MSM8952)を採用。
通信方式はFDD-LTE・TD-LTE(AXGP)に対応し、下り最大112.5Mbps・上り最大37.5Mbpsに対応。

機能面では「Continuum for Mobile」にも対応し、外部ディスプレイへ接続した際には大画面を活かしたPC風のユーザーインターフェイスで操作を行うことができる。
その他、Skype for BusinessやOfficeモバイル、Microsoft Intune、Enterprise Mobility + Securityなど、ビジネス向けの機能にも対応し、ソフトバンクとマイクロソフト、両社から提供されるビジネスプラットフォームにも対応しており、ビジネスでも安心して使える1台となっている。

SoftBank 503LVの詳細なスペックは以下の通り。

CPU Qualcomm Snapdragon 617(MSM8952)
オクタコア(1.5GHz × 4 + 1.2GHz × 4)
RAM 3GB
ROM 32GB
外部メモリー microSDXCカード(最大128GB)
ディスプレイ 約5.0インチHD TFT液晶
カメラ(メイン・サブ) 約800万画素 CMOS ・ 約500万画素 CMOS
最大通信速度(上り・下り) 112.5
Wi-Fi(対応規格・周波数) IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz・5GHz)
Bluetooth Ver 4.0
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約71.4×142.4×7.6mm
重量 約144g

SoftBank プレスリリース
Microsoft プレスリリース


2

No comments