Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

News
Oct, 31

ものづくり特別賞を受賞したNuAns NEOも展示あり – グッドデザイン賞受賞展レポート

先日当サイトでも報じた通り、トリニティのWindows 10 Mobileスマートフォン「NuAns NEO」がグッドデザイン賞の「ものづくり特別賞」を受賞しました。
グッドデザイン賞の受賞製品は公式サイトにて確認することも可能となっていますが、実際に手に取って確認できる「グッドデザイン賞受賞展」が東京ミッドタウンにて開催されています。

東京ミッドタウンの展示会場はいくつかのホールで分けられており、基本的にカテゴリ分けされています。
その他メーカーのスマートフォンやノートPCといったデジタル機器・モバイル機器がひとまとめにされている中、NuAns NEOだけは「ものづくり特別賞」かつ「ベスト100」に選出されているため、総合受付から入ってすぐのエリアに展示されています。

GD34

NuAns NEOといえば特徴的な上下に分かれた背面「TWOTONE」
カラー・素材の違う上下のパネルを組み合わせ、自分だけの一台を作り上げる楽しみがあります。スマートフォンといえば好みのケースを選んで自分だけの一台!とするのは定番ですが、持ちやすさとトレードオフになりがち。NuAns NEOは本体そのものにカスタマイズさせる遊び・楽しさがあり、持ちやすさはそのままに自分流アレンジが行えるのは、他にないこの機種だけの楽しみ方ですね。

GD36

展示ブースはNuAns NEOのファンならおなじみのブースが展開されていました。
スマートフォンのブースとは思えないナチュラルな展示は初めて見る人は「なんだろう」と興味深々に手を伸ばしたくなります。

GD32

GD33

GD35

上にもご紹介した通り、特徴的なTWOTONE、さらにFLIPも一通り展示されているため、展示会場で色々な組み合わせを試し確認することも可能になっています。
既にNuAns NEOを愛用しているユーザーも、改めてこの展示会場で自分の持っていないTWOTONEを試してみると新しい発見・出会いがあるかもしれません。

グッドデザイン賞受賞展の会期は11月3日まで。
NuAns NEOはもちろん、その他にもデザインや機能美に優れた製品が目白押しです。

関連リンク: Good Design Award


4

No comments