Windows 10 Mobileと新しいモバイルデジタルライフ

Nov, 30

【初心者向けガイド】Microsoftストアの画面構成と基本的な使い方

この記事では、Windows 10 Mobile向けの公式アプリ・コンテンツストアであるMicrosoftストアを利用するにあたり、とりあえず覚えておきたい基本的な画面の構成・操作方法を紹介していきます。

アプリの新規インストール、Microsoftストアで映画などのコンテンツを購入する際に役に立つ内容ですので、ぜひ確認して、意識としてなんとなくでも頭の中に入れておきましょう。

ホーム画面の構成

まずはMicrosoftストアのホーム画面について、基本的な構成を確認していきましょう。

下の写真はスマートフォンから【ストア】アプリを起動してはじめに表示されるMicrosoftストアのホーム画面。ホーム画面にはアプリやゲーム、映画といったコンテンツがカテゴリ別に整理され、配置されています。

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

またそれぞれのカテゴリに並んでいるアプリ・コンテンツは、左右にスワイプすることで表示を動かすことも。

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

そして各カテゴリの右上にある「すべて表示」の色付き文字をタップすると、そのカテゴリに絞って関連性のあるアプリ・コンテンツを一覧で確認できます。

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

カテゴリ別のトップ画面の構成

続いてはカテゴリ別にトップ画面を見てみましょう。ホーム画面を表示した状態で、左上にあるメニューボタンをタップします。

Microsoftストアの使い方

すると画面左側に再度メニューが現れます。今回はここで【アプリ】を選択。

Microsoftストアの使い方

すると【アプリ】カテゴリのトップ画面が表示されました。現在どのカテゴリの画面を見ているのかは、画面上部の表示で確認できます。

Microsoftストアの使い方

カテゴリ別のトップ画面も、おおまかな構成はMicrosoftストアのホーム画面と大きく変わりません。カテゴリをアプリに絞っているので、ここではアプリの無料・有料やジャンル毎に情報が整理され、配置されているといったところ。

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

ページの一番そこにはアプリカテゴリ内でのジャンル分けを【カテゴリ】として表示し整理。2016年9月25日時点においては25のジャンルでアプリが整理されています。

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

試しに【ソーシャル】をタップしてみましょう。

Microsoftストアの使い方

するとアプリ-ソーシャルに該当するアプリが絞りこまれ、一覧で表示されました。

Microsoftストアの使い方

なおこの基本的な画面構成はアプリ以外のカテゴリでも同様となっています。どのような画面構成となっているのかイメージさえ掴んでおけば、アプリを探す時でもコンテンツを探す時でも、あまり迷うことはないといえるでしょう。

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

キーワードを指定してアプリ・コンテンツを検索する

ここまでホーム画面などの構成、そして併せてアプリやコンテンツをカテゴリ(あるいはジャンル)で絞り込んで見ていく手順などを紹介してきました。

続いては探しているアプリ名やコンテンツ名といったキーワードを指定して、それらを検索する方法を見ていきます。

Microsoftストアのホーム画面、あるいは各カテゴリのトップ画面の上には、検索ボタン(虫眼鏡のアイコン)が設置されています。

Microsoftストアの使い方

これをタップすると、キーワードを入力するスペースが出現。ここに探しているアプリ・コンテンツに関連するキーワードを入力し、検索を行ないます。

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

検索結果の表示画面はこのような感じ。下の画像はMicrosoftストアのホーム画面から直接検索をかけているため、アプリ、ゲームといったカテゴリ別に関連しそうなアプリ・コンテンツが整理されて表示されました。

Microsoftストアの使い方

一方、検索キーワードを入力していると、入力したキーワードと直接関係がありそうなアプリ・コンテンツがサジェスト(予測)表示されることも。例えば「Twitter」と入力したところ、Twitterアプリらしきものが予測表示されました。

Microsoftストアの使い方

これをタップしてみると、直接アプリのインストール画面にアクセスすることができました。

Microsoftストアの使い方

探しているものがサジェストされた場合は、このようにダイレクトにアプリ・コンテンツのページへアクセスすることも可能です。

アプリのインストールページ

Microsoftストアではアプリ、ゲーム、映画といった様々なコンテンツをダウンロードすることができます。その中でも特にダウンロードする機会が多いのはアプリでしょう。

ここでは併せてアプリのインストール画面の構成も確認しておきます。

こちらは先ほど検索したTwitter公式アプリのインストール画面。

Microsoftストアの使い方

アプリの説明を読んでみると途中で途切れていますが、この続き(全文)は「詳細を表示」と書かれた部分をタップすることで表示することが可能です。

Microsoftストアの使い方

このようにアプリの説明を全文確認することができます。

Microsoftストアの使い方

また画面をスクロールして下へと進んでいくと、アプリに対してのユーザーの評価・レビュー、関連して興味がありそうなオススメアプリ、そのアプリの画面デザイン、発行者(開発者)やカテゴリ、年齢区分といった詳細情報も見ることができます。

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

ここにはアプリの機能をすべて使うために与える必要がある権限、サポートしている言語といった情報も記載されています。

検索してたどり着いたものの、自分が求める機能があるのか、本来不要な権限を要求する怪しいアプリでないか。こういった点が心配な場合は、インストール前にこのあたりの情報も確認するクセをつけておくのは賢いといえるでしょう。

余談:ホーム画面上のストアアプリのデザインを変更する

今回は詳細に説明はしませんが、スマートフォンのホーム画面に並ぶパネルを確認してみると、ストアアプリだけデザイン(表示内容)がくるくると変わっていることに気がつくのではないでしょうか。

Microsoftストアの使い方

Microsoftストアの使い方

初期状態においては、ストアのアプリパネルだけは、Microsoftストアが何らかの理由でオススメするアプリが表示されるようになっています。ただこの表示はいらない(シンプルにストアのアイコンを表示したい)という人もいるでしょう。

この設定は変更することが可能です。せっかくですので併せてその手順を紹介しておきます。

Microsoftストアのホーム画面にて、左上にあるメニューボタンをタップしサイドメニューを表示。その中にある【設定】の項目を選択します。

Microsoftストアの使い方

この設定画面を見てみると【ライブタイル】と書かれた項目が見つかるはず。ここに含まれる「タイルに製品を表示する」をオフにすると、ホーム場面上に配置されたストアアプリのパネルをシンプルなデザインに固定することが可能です。

Microsoftストアの使い方

ライブタイル機能をオフにし、パネルデザインを固定した様子がこちら。シンプルなストアのアイコン(バスケットのイラスト)になりました。

Microsoftストアの使い方

ホーム画面は使い勝手やデザインを考え、人ぞれぞれカスタマイズして楽しむもの。この際に「少しでもデザインをシンプルにしたい」なんて思った際には、ぜひこの設定も触ってみてください。

最後に

今回はWindows 10 Mobileを搭載したスマートフォン向けの公式アプリ・コンテンツストア「Microsoftストア」の画面構成や簡単な使い方を紹介してきました。

今回紹介したのは本当に基本的な内容であり、実際には他にもいろいろな画面や使い方が用意されています。このあたりは今後も、モノによって個別に取り上げて解説していければと思います。

スマートフォンの特長ともいえる便利なアプリを使うためには、アプリストアの活用は欠かせません。そういった意味でもぜひ、今回紹介した基本を押さえつつ、いろいろとアプリを試しながら使い方を身に着けていきましょう。


1

No comments